ona3のきままに撮り鉄

きままにノンビリと、鉄道写真をとっています。

きままにノンビリと、鉄道写真をとっています。

江差線

8月に撮影 廃止後の江差線 その5 江差駅跡

それでは本日のもう1本の写真は、8月に撮影した廃止後の江差線 その5 江差駅跡

江差線は2014年5月12日 江差-木古内間が廃止となりました。
廃止の翌年、2015年8月11日にも撮影しましたが、廃止から4年後・・再び撮影して来ました。

イメージ 1


写真1枚目は、江差駅手前にある歩道橋からの撮影です。
ここから、江差駅を発車するシーンを、かもめ島と絡めて撮る事が出来ました。草がボウボウの所が線路があった所です。
おや?江差駅方向を見ると・・

イメージ 2


写真2枚目は、そのUPですが、線路があった所に途中から新しい道路が出来て、江差駅は見えません。Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

イメージ 3


写真3枚目は、江差駅の跡地です。駅舎は既に取り壊されて何もなく、新しい道路と共に、線路があった所に新しい家が建っています。
駅前のロータリーは残っていますが、周辺はまったく変わり、江差駅のあった面影は何もありません!!
廃止後の江差線にて、一番様変わりしたのは江差駅ですね。

と言う事で、長々と続きましたが8月に北海道へ帰省して撮影したシリーズは終了です。

8月に撮影 廃止後の江差線 その4

それでは本日のもう1本の写真は、8月に撮影した廃止後の江差線 その4

江差線は2014年5月12日 江差-木古内間が廃止となりました。
廃止の翌年、2015年8月11日にも撮影しましたが、廃止から4年後・・再び撮影して来ました。

イメージ 1


写真1枚目は、湯ノ岱-宮ノ越にある、天の川鉄橋ですが、行く時に撮った天の川鉄橋とは別の鉄橋です。幻の「天の川駅」近くにあった鉄橋です。

イメージ 2


写真2枚目は、上ノ国-江差間にあった、撮影ポイントの鉄橋ですが、一つの橋桁が外されていましたぁ~Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン
この鉄橋を行くシーンを、高台から、かもめ島をバックに何度か撮影したのですがねぇ~

イメージ 3


写真3枚目は、上ノ国-江差間にて、海沿いに走った来た江差線が江差駅に向けて、街中へとカーブする所ですが、ここは海をバックに撮れたので、何度か撮影しましたが、今は草に埋もれてしまいました。
草の中をよく見ると、線路が残っています。・・
この反対側 江差側は、V字の掘割りだったのですが、完全に草に埋もれてU字になって線路は見えませんでした。


-その5へと続く-

8月に撮影 廃止後の江差線 その3 現存した吉堀駅

それでは本日のもう1本の写真は、8月に撮影した廃止後の江差線 その3

江差線は2014年5月12日 江差-木古内間が廃止となりました。
廃止の翌年、2015年8月11日にも撮影しましたが、廃止から4年後・・再び撮影して来ました。

全て撤去されて残っていないと思っていたダルマ駅ですが・・

イメージ 1


写真1枚目は、吉堀駅にはダルマの待合室が残っていましたぁ~(^^)v
草ぼうぼうですが、線路も残りホームも残っています(o^―^o)ニコ
写真は、木古内方向を見ています。

イメージ 2


写真2枚目は、そのダルマの待合室ですが、中に入れるか?と、近くまで行くも蜘蛛の巣が凄くて、近寄れず。
それに、蜂が飛び出して来たので、諦めです。

イメージ 3


写真3枚目は、ダルマの待合室を取り込んで、江差方向を見ると、足元には線路が・・

今回訪れた駅で、唯一廃止後もひっそりと残っていた駅でした。(^^)v
ちなみに、かっての吉堀駅の駐車場には、事務所が建ち並び、この吉堀駅に行くのには、ぐるっと草を踏み分けて回り込まないと行けません。(;^_^A アセアセ・・・

その4へと続く・・

8月に撮影 廃止後の江差線 その2

それでは本日のもう1本の写真は、8月に撮影した廃止後の江差線 その2

江差線は2014年5月12日 江差-木古内間が廃止となりました。
廃止の翌年、2015年8月11日にも撮影しましたが、廃止から4年後・・再び撮影して来ました。

イメージ 1


写真1枚目は、神明駅の後は、ホームと待合室が消えてなくなり、線路だけが残っていました。
待合室があった所には、建設現場の事務所?があり、踏切だったところはバスのUターン場所となっています。

ここまでは、北海道新幹線の撮影に行く途中に撮影です。
ここからは、北海道新幹線の撮影を終えての、帰り道に撮影です。

イメージ 2


写真2枚目は、渡島鶴岡駅ですが、あれ?駅名の標識が「鶴岡公園」となっています。ホームと線路は残っていますが・・・
実は、ここは「道南トロッコ鉄道」の始発駅となり、駅名が変わりました!
待合室も、「道南トロッコ鉄道」の受付場所となり、残っています。

イメージ 3


写真3枚目は、さて帰ろうとすると、おお!!こんな所に、かつての江差線の幻の駅「天の川」駅の駅名の標識が!!吃驚!!でした。
バックは、渡島鶴岡駅当時の待合室ですが、今は「道南トロッコ鉄道」の受付事務所です。
今年は、10月までの土日に運転しています。(^^)v

その3へと続く・・

8月に撮影 廃止後の江差線 その1

それでは本日のもう1本の写真は、8月に撮影した廃止後の江差線 その1

江差線は2014年5月12日 江差-木古内間が廃止となりました。
廃止の翌年、2015年8月11日にも撮影しましたが、廃止から4年後・・再び撮影して来ました。

事前に調べた情報では、中須田駅、桂岡駅、宮越駅は、プラットホームや待合室・レールが全て撤去され残っているのは道床だけと言う事で、中須田駅、桂岡駅は草の中だろうと言う事で、宮越駅を見て来ましたが、きれいさっぱりと何もありませんでした。(T_T)ウルウル

イメージ 1


写真1枚目は、天の川鉄橋です。橋脚は大雨で流れが変わり、大きくえぐられている所があります。又、橋脚の足元には大木がひ掛かったまま・・大雨が来るとどうなるのかなぁ~?ですが

イメージ 2


写真2枚目は、場所を変えて、かつての撮影ポイントから、湯ノ岱駅方向を見ると、線路がマダ残っています。又、この場所から江差側を見ると、草に埋もれていますが、やはりマダ線路が残っていました。

イメージ 3


写真3枚目は、湯ノ岱駅の標識と、かつては湯ノ岱駅の駅舎が建っていた所は、駅舎もホームもレールもなくなり、何が建つのか?工事中でした。
唯一、湯ノ岱駅があったと言う証明は、この標識だけ?

その2へと続く・・
ギャラリー
  • 本日の撮影 西線貨物8084レより
  • 本日の撮影 西線貨物8084レより
  • 本日の撮影 西線貨物8084レより
  • 本日の撮影 西線貨物8084レより
  • 本日の撮影 西線貨物8084レより
  • 8月6日撮影 南松本にて篠ノ井線2085レと西線貨物6089レ機回しより
  • 8月6日撮影 南松本にて篠ノ井線2085レと西線貨物6089レ機回しより
  • 8月6日撮影 南松本にて篠ノ井線2085レと西線貨物6089レ機回しより
  • 8月6日撮影 南松本にて篠ノ井線2085レと西線貨物6089レ機回しより
読者登録
LINE読者登録QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

鉄道コム
ポチっと、その一押しが励みになります。 応援、よろしくお願いいたします。
カテゴリー
最新コメント
  • ライブドアブログ